色の薄いキャップ

キャップが活躍する季節といえばやはり夏です。ニュージーランドは紫外線の量が日本の7倍、沖縄は東京の3倍あるらしいのですが、ここ数年で東京の紫外線量も確実にあがった気がするので手放すことができません。

ただ、色の薄いキャップを選んでしまうと結構紫外線が肌に届いてしまうようです。夏だとどうしても白とか薄いブルーなどの爽やかな色のものを着てしまいますが、黒とかのほうがシャットダウンはしてくれるようです。日傘も黒いもののほうがいいと聞いたことがあります。見た目は爽やかさがなくて、ちょっと心が沈みますが。

年齢を重ねるごとにやはり紫外線が気になるようになりました。お洒落はしたいけど、紫外線を考えると暗い色にしなければ、と思い最近のワードローブの中は地味な感じになってしまいました。キャップも茶色とか濃いグレーとかです。まわりも似たような暗い色を着るようになってきていて、女子会などをやるともしかした周りからは暗い人たちだと思われているかもしれません。

とはいえ、奇麗な肌を保つためにはやはり紫外線を遮るほか手段はないので、これからも暗い色のキャップを使用し続けることと思います。でもそのうち、UVカットガラスのようにUVカットしてくれる布が開発されるかもしれないのでその時を楽しみに待とうと思います。

古着屋さんで買ったスヌーピーのキャップ

キャップを買った経験と言うと、今までに何回かあります。高校生の頃、私はBACK DROP BOMBというバンドが大好きでした。登下校の時や自宅ではいつも、音楽プレーヤーでBACK DROP BOMBの曲を聴いていました。

ライブ会場には、CDやタオルやキャップなどのBACK DROP BOMBのグッズがたくさん販売されています。私はBACK DROP BOMBのライブに行くと、いつもいろんなグッズを購入します。毎回ついつい買ってしまうタオルは、その日のライブで使います。

また、私は高校生の頃に、古着屋さんでお洋服を買うこともありました。古着屋さんでは、スヌーピーのパーカーやラコステのニット、あとはダメージデニムなどを買っていました。スヌーピーの絵が描いてあるキャップも買ったことがあるのですが、私はスヌーピーが好きなのですごく気に入っていました。

私はその古着屋さんで買ったスヌーピーのキャップを、被るだけではなくてバッグにつけることもありました。少しくせ毛だったので、梅雨時など湿気が多い時には、途中で髪の毛にくせが出てしまうことがあったので、初めバッグにつけていたものを被ることがありました。様々な活用方法があったので、とても便利なアイテムだと思います。

新しいキャップを買った

キャップを買った経験と言うと、学生時代のことを思い出します。私は大学生の頃、原宿や渋谷や代官山などに買い物に行っていました。オシャレなお店がたくさんあるので、街を歩いているだけで楽しくなります。毎月読んでいるファッション雑誌があるのですが、雑誌を見ていて気になったお店があると、そういったお店に行くこともありました。

当時私が好きだったファッションブランドは、X-girlです。シンプルなデザインが多かったので、着まわしがきいてとても便利でした。よくTシャツとデニムというシンプルなスタイルをしていたのですが、X-girlで買ったキャップを合わせていました。色は黒とピンクで、大きくX-girlという文字が入っていました。

ちなみに3歳違いの妹がいて、その妹はBETTY'S BLUEやCandy Stripperというファッションブランドが好きでした。少し派手だったので、妹の部屋のクローゼットを開けるととてもカラフルでした。妹が16歳の時の誕生日プレゼントとして、Candy Stripperのキャップを買ってプレゼントしました。妹はすごく喜んでくれて、毎日被ってくれました。

また、私は夏になると、毎年ROCK IN JAPANに行っています。屋外でのイベントなので、帽子を被ってタオルを巻いて楽しんでいます。前回も行った時には、新しいキャップを買って行きました。普段も使いたいなと思ったので、黒っぽいものを選びました。

お洋服と一緒にキャップを買った

キャップを買った経験と言うと、これまでに様々なお店で買った経験があります。私が1番初めに買ったのは、古着屋さんでした。中学生の頃だったと思ったのですが、普通のお店で買うよりも安く買うことができたと思います。おまけに使い古されているので、とても使いやすかったです。

古着屋さんで買ったものの中で私のお気に入りだったのは、グレーとブラックの無地のものでした。シンプルなものなので、何にでも合わせやすかったと思います。私はいつでもキャップを持っていて、日差しが強い時などの必要な時に被るようにしていました。

また、高校や大学生の頃になってからは、私は自分の好きなファッションブランドでお洋服を買うようになりました。特に私は、And AやPAGEBOYやHeatherなどが好きで、よくそのお店でお洋服を買っていました。私はスニーカーを履いてカジュアルな格好をしていたので、お洋服と一緒にキャップを買ったこともあります。

私はたくさんキャップを持っていたのですが、中でも1番気に入っていたのは、And Aで買ったものです。パープルのもので、前にAnd Aのロゴが入っていました。私は、自分で持っていた缶バッジやピンバッジなどをつけてアレンジしていました。被るだけでオシャレができるので、私にとっては欠かせないアイテムでした。